アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「自然」のブログ記事

みんなの「自然」ブログ

タイトル 日 時
御嶽山でマンサク開花
御嶽山でマンサク開花   うすい巻雲が広がったが、今日の日曜日はよく晴れた。今日こそは初マンサクをと、御嶽山(魚沼市堀之内地区)に気をつけながら登ったが、やはり見つからない。近くの里山では開花の情報が伝えられている。   ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/03/12 23:25
初午の記憶
初午の記憶 。  ここ魚沼地方では今年は今日3月8日が『初午』(はつうま)の日。多くの行事は昔から月遅れで行われてきた。   ものの本によれば、初午というのは全国の稲荷神社の祀りで、五穀豊穣や、福徳を祈願するための風習とある。    ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/03/08 23:23
変わってきた里山の冬景色
変わってきた里山の冬景色  以前はどの山も冬はもっと真っ白だったように思う。   ところが最近、どうも周囲の里山の山肌が、何か黒っぽい色の部分が随分目立つて見えるようになってきた。   ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/03/07 09:11
光陰矢のごとし__1年9ヶ月ぶりのログ
光陰矢のごとし__1年9ヶ月ぶりのログ   一昨年の春、突然パソコンが壊れ、データーの復旧に手間取ったりしているうちに、あっという間に月日が流れた。「光陰矢のごとし」などと言うよりも、まるでワープでもしているような感覚にもなってしまう。      ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 5

2017/02/25 09:34
イタドリ の記憶
イタドリ の記憶   先日の夏のような日の午後、里山の沢筋を歩いていると無性にのどが渇いた。すぐ帰るつもりだったので水は持っていない。すっくと伸び始めたイタドリが目につき、子供の頃すっかんぼ と呼んで、外遊びでのどが渇くとこの皮をむいてグシャグシャと囓んだことを思い出した。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/05/10 08:24
ヤマナラシ の 冬芽に思う
ヤマナラシ の 冬芽に思う   里山の駒見山から藤権現の一帯を、四季を通してよく歩く。ここから越後三山を眺めると、いつも何と言えない満ち足りた気持ちになる。  コースの稜線の残雪の上に10本ほどのヤマナラシが立っている。ほかに高い木がないことから遠目にも目立つのでいつも近寄ってみる。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/04/14 22:33
やまぐり の 冬芽
やまぐり  の 冬芽   冬は、植物の変化も少なく、自然観察をしていても、一見つまらない季節のように感じる。  しかし、花の観察などとは違って、この時期の晴れた日には、様々な植物の休眠から目覚めつつある様子をまとめて観察することができ、この時季ならではの楽しさがある。   ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/04/09 22:54
コブシのつぼみ
コブシのつぼみ   里山での自然観察は3月から4月の初めがとくに面白いように思う。日増しに強まる春の日差しを受けて、動植物が急に活動を目立たせてくれるからだ。また、雪もしまり坪足でもほとんど埋まらずに、どこでも歩いて行けることも楽しい。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/04/05 23:45
皆既月食 __ 普通のデジカメで天体写真
皆既月食 __ 普通のデジカメで天体写真 今夜(4月4日)は、皆既月食だった。地球の影に月が完全に隠れて、赤銅色のあの何とも言えない神秘的な月を眺めることができた。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/04/04 23:53
春の訪れ__移動性高気圧が次々と
春の訪れ__移動性高気圧が次々と  この豪雪の地(現在積雪1m50cm)にも急に春の足音が大きくなってきた。山ではマンサクがほころび、道端ではオオイヌノフグリも咲き出した。ツバメは今日か明日か。天気図で移動性高気圧が次々とやってくる様子に、明るい気持ちになってくる。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/03/27 18:36
アオサ摘み
アオサ摘み   つい先日、新潟市で用を済ませ、絵のスケッチポイントを探しながら、海岸沿いの道で帰ることにした。  久しぶりに見る日本海はすっかり穏やかになっていた。ところどころ油をながしたように光っている。風もなくあたたかい。アオサ摘みを思い出して水際に下りてみた。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/03/25 00:02
春を告げる花 マンサク
春を告げる花 マンサク   向こうの残雪と枯れた藪の色しかない所に、うっすらと黄色がかっている部分が見える。もしかすると、と思ってリュックから双眼鏡を取り出して観ると、間違いなくマンサクの花だった。   夕日の逆光を透かして見える黄色のあの独特の花びらは、春の到来を知らせる喜びに輝いているように見えた。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/03/22 09:14
春 め く
春 め く   このところ、急に春めいてきたように感じる。時折りさしてくる日の光がずいぶんと強くなってきた。、雪が消え始めている所から、いつの間にかスイセンの芽がたくましく顔を出している。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/03/04 16:52
ウインターマッシュルーム_雪の中の エノキタケ
ウインターマッシュルーム_雪の中の エノキタケ   この冬の雪はとにかく重い。雨を時々たっぷりと吸い込んできたせいだろうか。   普段東京で生活している前のお宅のご夫婦が、1階部分が完全に雪に埋まってどこが玄関かわからず困惑しておられた。除雪を手伝って小一時間、ようやく玄関に入れるようになった。    ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/02/25 23:50
緑がなつかしい アオサ摘み
緑がなつかしい アオサ摘み  大寒からあっという間に立春も過ぎ、あと10日もすると雨水だ。12月から断続的に まとまった雪が繰り返し、現在は積雪約180センチ。平年よりやや多いくらいか。今冬の降り方は止み間も多いため、今のところ割と過ごしやすい冬だ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/02/09 00:02
冬の風物詩__鉛色の空
冬の風物詩__鉛色の空   時として無性に冬の海を見たくなることがある。周囲が山ばかりで、深々と雪が降り続く内陸部で暮らしていると、寒風が吹きすさび、荒れ狂う海の躍動感や寂寥感に魅かれるのだろうか。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/01/21 23:17
雨氷 の朝
雨氷 の朝  今朝は小雨が降っていたが、よく観察すると珍しく雨氷(うひょう)が見られた。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/12/29 23:40
霧氷の朝  今朝の最低気温は−11.0℃
霧氷の朝  今朝の最低気温は−11.0℃   冬至を過ぎ、少しずつ日が長くなっているはずだが、冬はこれからいよいよ本格的に始まる。   今日28日は、典型的な放射冷却の朝となった。 昨日から移動性となった高気圧が本州を覆い、昨夜から急速に晴れ上がった。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/12/28 23:44
季節はめぐる__錦の秋からモノトーンの世界へ
季節はめぐる__錦の秋からモノトーンの世界へ   時ならぬ大雪で、12月のうちに屋根の雪下ろしも始まった。市内で大きな事故も起きている。   今日は用事のついでに、紅葉の絵を描いた場所に寄り道をしてみる。あたりはすでに、ほとんど色彩のないモノトーンの風景に変わっていた。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 2

2014/12/15 23:49
三国川渓谷
三国川渓谷  とうとう雪が里にも下りてきた。    昨日までは茶色が支配する風景だったが、今朝は一変、あたり一面雪景色が広がっていた。夜には40センチにもなり、間違いなくこれは根雪になるだろう。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 2

2014/12/06 23:55
「 信じられない航海 」   トリスタン・ジョーンズ
「 信じられない航海 」   トリスタン・ジョーンズ  何 度この本を読んだだろう。この本はいつも本棚の目立つところにある。   地球上でいちばん一番低い水面から最も高い水面まで、ひとつのヨットで航海しようという奇想天外な発想から始まった冒険航海記、まさしく信じられない航海が展開されていく。    ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/11/19 19:30
カメバヒキオコシ と タイリンヤマハッカ
カメバヒキオコシ と タイリンヤマハッカ   植物の名前はなぜかおぼえにくいものもあれば、たいへんおぼえやすくいかにも納得のいくものもある。   カメバヒキオコシ(シソ科)は、「噛むと疲れている人が引き起こされるくらいの強壮作用がある植物なので、” 噛め葉引き起こし ” と言われるようになった」と、昔先輩が半ば面白おかしく教えてくれたことがどうも印象強かったようだ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/11/04 17:45
思わぬ楽しみ___電離層の不思議
思わぬ楽しみ___電離層の不思議  ダメもとだと思いながら、呼びかけてみた。なんと1回でこちらの名前(コールサイン)を呼び返す大きな声が返ってきた。  通常では見通し距離しか通信ができない(極)超短波の50MHz帯の電波で、昨日10月27日に、6500キロ彼方のオーストラリア東岸ブリスベン(のVK4UH)と無線交信ができた。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/11/02 21:44
里山歩きの難しさ ___ 朴坂山
里山歩きの難しさ ___ 朴坂山   里山歩きには意外な難しさがある。標高や険しさなどからくる難易度とは違った難しさがあるように思う。 この間の日曜日、あまり行く機会のない県北地域の山に登りたくなり、関川村の朴坂山(438.2m)を訪ねた。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 4

2014/10/21 18:48
あまんだれ (ナラタケ )の 思い出
あまんだれ (ナラタケ )の 思い出 あまんだれ(ナラタケ)はもう終わっただろうか。    藪の中でいくつかの成長段階のあまんだれを順に並べて、スケッチをしたものを見ながら、先日の国定公園内でのあの大群生の様子を思い出している。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 2

2014/10/16 19:34
紅葉の 越後駒ヶ岳 大賑わい
紅葉の 越後駒ヶ岳 大賑わい   つい先日、越後駒ヶ岳に行ってきた。初冠雪を間近かにし、上は紫、中腹は赤や黄、下は緑の満艦飾の紅葉風景を楽しみに登った。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 16 / トラックバック 0 / コメント 2

2014/10/12 09:30
「エンデュアランス号漂流」
「エンデュアランス号漂流」   毎年暑い季節になると、なぜかこの本を読み返すのだが、先日やっと読了した。     今から約百年前の1914年、英国人探検家アーネスト・シャクルトン卿率いる「エンデュアランス号」と28人乗組員が、南極大陸横断に向かう途中で遭難。船が沈没したにも関わらず、極寒の地での17ヶ月もの漂流の末、一人も命を落とすことなく全員が生還するという実話が克明に書かれた本である。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 2

2014/10/10 18:53
あまんだれ__ナラタケ と ナラタケモドキ
あまんだれ__ナラタケ と ナラタケモドキ  「あまんだれ」は新潟県では誰でも知っているポピュラーなきのこである。菌が生木にも付く「殺生菌」(さっせいきん)のため、一般の店舗販売やホダ木栽培は禁じられているというが、この時季道の駅やスーパーでも普通に売られている。   ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 15 / トラックバック 0 / コメント 6

2014/10/02 08:20
JAL407便 の 飛行機雲
JAL407便 の 飛行機雲   このところ気持ちのよい秋晴れが続いている。とくに昨日27日は湿度が低くPM2.5の影響もなかったのか、抜けるような秋空が広がった。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 4

2014/09/28 23:35
オーストラリア北西沖 スコットリーフ の VK6ISL
オーストラリア北西沖 スコットリーフ の VK6ISL  2,3日前、オーストラリア北西沖300kmのサンゴ礁の小さな島に遠征している無線局 VK6ISL と交信した。  スコットリーフのSandy Islet__海面すれすれのこの砂の小島では、南北約690m、東西110mでいくつかの岩のある砂の小島らしい。アオウミガメの産卵地の島の自然環境保護のため、輸送、滞在などに関しては厳しい条件が課される。そのため、この小島での無線運用は初めてとの事で、例によって世界中のアマチュア無線局が交信しようと我先にと呼んでいる。     悪天候また... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 2

2014/09/22 12:44
ぶどうの季節 ( 藤稔 )
ぶどうの季節  ( 藤稔 )  今年は秋の足が何か早いような気がする。ぶどうの季節だなどと思っていると、ぶどう狩りの機会があった。 どこからともなく漂って来るいい香りに誘われるようにぶどう畑に着いた。色づきからするとまだ少し早いかとも思われたが、見事なぶどうがたわわになっていた。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 4

2014/09/19 21:59
南極のボストーク基地 RI1ANC
南極のボストーク基地 RI1ANC  雑音の向こうからかすかに聞こえてくる信号に、世界中のアマチュア無線局がたくさん呼んでいる。コールサインがRから始まるのでロシアの局らしい。店の行列ではないが、真似をして何回か呼ぶと、こちらのコールサインを呼び返してきた。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/09/17 08:15
コシヒカリの里 穫り入れ進む
コシヒカリの里 穫り入れ進む   小出スキー場から見下ろす小出盆地に広がるコシヒカリの田んぼはすっかり黄金色になり、穫り入れも急ピッチで進んでいる。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/09/14 22:37
コシヒカリの里 黄金色に
コシヒカリの里 黄金色に  今年もまた黄金の稲穂が波打つ季節になった。  ここコシヒカリの里魚沼地方__ とくに魚沼市の小出郷は、昔から良質の魚沼コシヒカリの産地としては全国に知られてきた。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2014/09/04 19:01
サンショウクイ コンパクトデジカメで野鳥を
サンショウクイ コンパクトデジカメで野鳥を  汗を拭き拭き里山の尾根道を登っていると、頭の上から、「ヒリリン、ヒリリン、・・・」 と、何かせわしないような鳥の声がする。山椒の実をうっかり食べ、ヒリヒリと辛くてたまらずに泣いたのではというサンショウクイだ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2014/08/31 08:46
ツユクサ
ツユクサ  ツユクサは、家のまわりや道端などどこでも見られ、最も身近な植物の一つだろう。  ボウシバナ、アオバナ、ウツシバナ、ツキクサなどと約300種もの地方名があるという。  当地方では近畿、東北、中部、北陸あたりと同じように、昔からトンボグサとよばれている。花姿がトンボの顔にどことなく似ているからだろうか。   ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2014/08/16 23:47
 「 灯火管制 」  マイマイガ大発生
 「 灯火管制 」  マイマイガ大発生   今年は、全国でマイマイガ(ドクガ科)が大発生したとのことである。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2014/08/12 18:20
カルガモ  無念・・・
カルガモ  無念・・・  楽しみにしていた家の前の空き地のカルガモの営巣は、哀れ失敗に終わった。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2014/07/28 23:48
カルガモ の 営巣や いかに・・・
カルガモ の 営巣や いかに・・・  毎年、この時期になるとテレビなどでカルガモ親子の引っ越し行列の微笑ましい映像が目を和ませてくれる。 有名なところでは、東京都千代田区大手町にある三井物産のプラザ池から皇居和田倉堀へ引っ越す親子の映像だろう。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2014/07/13 19:35
奥只見レクリェーション都市公園 〜八色の森公園〜
奥只見レクリェーション都市公園 〜八色の森公園〜  八色の森公園は、越後三山(八海山、駒ケ岳、中ノ岳)を望み、魚野川と水無川の流れる緑豊かな八色原の一角に設けられた公園である。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/07/06 14:48
初夏 の 銀山平 
初夏 の 銀山平    奥只見ダム湖の最上流部の銀山平は、日本有数の豪雪地である。久しぶりに銀山平に行ってみた。   あの山の様な雪は急速に融け、駐車場の端にわずかに残っているのみ。湖は満々と水を蓄え、あたりはすっかり夏のたたずまいになっていた。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2014/07/02 08:36
クロサンショウウオの卵 と ヤマカガシ
クロサンショウウオの卵 と ヤマカガシ この間、山の小さな池で水の中でじっとしているヤマカガシを見かけた。ヘビはどうも苦手で早く通り過ぎようと思ったが、鎌首をもたげてじっとしている姿が気になって、我慢して観察することにした。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/06/24 23:27
ナンセンスな試み  双眼鏡で絵を描く・・・
ナンセンスな試み  双眼鏡で絵を描く・・・   タブーというかナンセンスというか。先日のホオノキの葉芽を双眼鏡を見ながらのスケッチを思い出し、里山の頂上から18キロ先に聳える越後三山のうちの中ノ岳(2085m)に挑戦してみた。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2014/06/21 18:45
ヨシの茂みから オオヨシキリ
ヨシの茂みから オオヨシキリ    梅雨空のつい先日、魚沼川沿いにバードウオッチングに出かけた。 川はすっかり夏の雰囲気になり、野鳥もオオヨシキリ、セグロセキレイ、カルガモ、カワウくらいで、春の頃のあの賑やかさはすっかりなくなっていた。   ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/06/17 19:03
ホオノキ の 葉芽
ホオノキ の 葉芽   ホオノキは樹高も花も葉も、何もかも気持ちのよいほどのびのびとした大きな木だ。花芽も葉芽もいつも斜め下から見ることが多いので、これまでその気になって詳しく観察したことがなかった。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/06/13 17:51
ツバメ の 空中給餌
ツバメ の 空中給餌   この時期の里山では、ツバメやスズメが多く見られる。とくにツバメは、四六時中活発に飛んでいるせいか目につく。  里山では昆虫類の小さな虫が多くなるため、それを求めて親子でやって来るのであろう。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2014/06/11 17:57
新潟 の 川風
新潟 の 川風   新潟市に行って時間があるとよく行く所が、萬代橋、柳都大橋、西港周辺だ。   先日は、エアコンを効かせた車からこの場所で外に出て驚いた。日本海から信濃川の水面を吹き渡ってくる風の方が、何と爽やかで涼しいことか。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2014/06/07 23:53
がんばれ 撫子
がんばれ 撫子   日本中がこぞって応援しているサッカーの 「なでしこジャパン」。  私はもう一つの撫子をもう10年も応援し続けている。 わが家の 「ど根性ムシトリナデシコ」 のことである。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2014/06/04 09:17
花を咲かさなかった ヤブツバキ
花を咲かさなかった ヤブツバキ    庭のヤブツバキが、とうとうこの春は一輪も咲かなかった。7,8年前にいただいたもので、毎年花をたくさん付けて庭の春を彩ってきた大事な木だ。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 5

2014/06/01 23:54
北京の気温 40℃超える (昨日5月29日)
北京の気温 40℃超える (昨日5月29日)  北京で40℃超え 5月の観測史上最高に。  日本テレビ系(NNN)の放送によると、 中国の北京では29日午後、気温が40℃を超え、5月としては観測史上、最高の気温を記録したと放送していた。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/05/30 23:55
山菜とり と バードウォッチング
 低気圧の接近による乱層雲がどんよりと空を覆い、案の定午後から雨が降り出した。     このところすこし忙しかったため、運動不足解消のため山菜採りに出かけることにした。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/05/27 00:08
バッコヤナギ と 山菜とり
  先日、里山で山菜とりをしていると妙にくしゃみが出始めた。スギの花粉もそろそろ終わる頃だがと思いながら採っていた。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2014/05/26 09:58
強風が吹き荒れた今日(16日の 局地天気図
  今日5月16日は風の強い一日だった。 850hPa面の気温分布図では、1500メートル付近でも6℃くらいの寒気が入ってきた。今夜(16日)には3℃くらいに下がっていることが予想される。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/05/16 23:55
春の妖精 _ キクザキイチゲ
 春雪が消えたところから、カタクリより先に咲くこのキクザキイチゲ(キンポウゲ科)を見ると、まさに百花繚乱の春の始まりを実感する。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/04/23 11:50
モクレン の スケルトンリーフ
  庭で芝焼きをしようとすると、葉脈だけになった枯れ葉が目に留まった。自然に出来上がったスケルトンリーフだ。   大きく倒卵形の独特の形をしたモクレンの落ち葉が、木の周りに無数に重なっている。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2014/04/16 19:37
三寒四温
   何日か温かい好天が続いたが、今日10日は(当地では)11時半頃にわか雨を伴う寒冷前線が通過した。  そのため、午後には天気が回復したものの、前線の後ろ側から大陸の冷たい空気が流れ込んできたため急速に気温が下がり、昨日(9日)までの暖かさがウソのように、また寒さが戻ってきた。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2014/04/10 00:02
ノダフジ の 莢(さや)
   初夏の頃、ノダフジには淡紫ないし紫色の花が長く垂れさがり、上品で豪華な感じがして実に美しい。 総状花序は数え切れないほどの花が集まり、その後花軸にぶら下がる豆果もよく目立つが数はそれほど多くない。     ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/04/09 23:59
ふつうのデジカメで野鳥撮影 ジョウビタキ
  先日、玄関の外からヒッ、ヒッという鳥の鳴き声を聞いた。静かにドアをあけると、3,4メートル先からジョウビタキが飛び立った。習性通りに植木や石を低く伝い飛ぶようにしている。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2014/04/04 09:02
雪消えの水辺
  「寒冬小雪」のこの冬は、ほんとうに楽をさせてもらった。つらい屋根の雪下ろしもわずかに1回で済んだ。こんなことは今までにあっただろうか。  固くしまった庭の積雪も現在40センチ。あと数日で冬枯れの芝生が現れてくるだろう。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2014/04/03 12:58
南太平洋で最も美しい島 ライババエ島 TX6G
  昨日、オーストラリア東岸から東へ約5000キロのオーストラル諸島のライババエ島という小さな島と無線で交信した。イギリス人の無線局6、7人のチームが10日間の日程で遠征( TX6G )している。その最終日の前日の昨日4月1日に間に合った。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/04/02 11:21
最後の 「 午前6時の気象通報 」
 多くの人が学校の理科で天気図にふれ、毎日のテレビの天気予報番組で天気図を目にする。インターネットでは、気象庁のスーパーコンピューターによる自動描画の天気図が手軽に見られるようになっている。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/03/30 19:06
春が足早に
  豪雪の地の長かった冬も終わり、春が足早にやってきた。   同じ魚沼地方でも、雪がいつも少なめと言われている南魚沼市の六万騎山では早春の花はどうかと、久しぶりに登ってきた。       雪消えが早かった斜面では、キクザキイチゲとユキワリソウ(オオミスミソウ)が2,3輪咲き出し、評判のカタクリは開花直前の感じだった。昔、この山はよく登ったがユキワリソウには気付かなかった。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2014/03/27 23:42
いつもの ニホンカモシカ
  このところ御嶽山に行くたびに会うニホンカモシカ。体の特徴や雰囲気から同一個体のように見える。 名前には「シカ」がつくが、動きを観察していると、どうしても「カモシカのような・・・・」という言葉とイメージが結びつかない。脚もなかなかに太い。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 4

2014/03/23 12:22
暑さ寒さも彼岸まで・・・
毎年春の彼岸を迎えるとどこかほっとする。今年もまた、庭の雪が消え始めた所では蕗の薹が顔を出してきた。  この冬は、気温は少し寒かったように感じたが、降雪量は例年の半分くらいの印象だ。屋根の雪下ろしなどはわずか1回。こんな冬も珍しい。生活に気持ちのゆとりが持てたので、里山などにもけっこう登ることもできた。実際のところは、降積雪の観測データーなどからはどうだったのだろうか。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2014/03/21 23:11
マンサク と 吹き戻し
   雪こそ少なかったが、低温傾向に推移したこの冬も、本格的に春の光がふりそそぐようになってきた。  里山でも、、マンサク(マルバマンサク)がその名のいわれのようにまず咲き出した。  雪の山でこの花を見るとい、つもながら春の喜びの始まりを実感する。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/03/14 01:06
雪はフィールドサインの宝庫
 先日のシミワタリの朝、雪原に様々な生き物の足跡を見ることができた。 魚釣りのヒトのかんじきの足跡もあり、こんな冬の川べりで元気な人もいるものだと感心したりもした。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 3

2014/03/13 12:51
凍み渡り の朝に
 「凍み渡りができるよ〜!」という声で起こされ、掃除やら朝の日課を何もせずに外にとび出した。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

2014/03/04 18:34
ホオノキの冬芽 春を待つ
  スノーシューで里山を歩いていると、どこでもすぐに目に入るのがホオノキの冬芽だ。  枝の先端に大きな冬芽をつけている。葉も花も際立って大きい木のためか、冬芽も大きくよく目立つ。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/03/01 12:18
PM2.5 と 春霞
 昨日2月26日は終日PM2.5のためか空気がずいぶんと霞んでいた。北約90キロの新潟市では、全国最大の濃度を記録したという。   前夜からの露点温度もそれほど高くなかったのに、また放射冷却も−1℃くらいでそれほど強くないのに、朝濃い霧も発生した。微小粒子状物質を核にして霧の状態になりやすかったのだろうか。霧はすぐに晴れたが、南魚沼市の坂戸山が見えるか見えないかくらいだから、視程は10〜15キロくらいだっただろうか。 越後三山も、標高1000〜1600mくらいの見え方がとくにぼーっと... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/02/27 17:09
春を待つ  ミズナラの冬芽
 雨水を過ぎても、マンサクが咲き出すには里山とは言えまだ少し早いか。   このところ毎日少しずつだが降雪がある。上空の寒気が居座っている感じだ。暖かい風の吹く日が心待ちにされる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/02/21 16:19
南国の果物 スターフルーツ
  世の中には不思議な形をした果物があるものだ。  小笠原の父島の知人からいただいた「五稜子(ごれんし)スターフルーツ」という果物もそうだろう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/02/16 12:47
関東・甲信地方に記録的な大雪
  昨日(14日)から今日(15日)未明にかけて、関東甲信地方は記録的な大雪となった。とくに甲府市では120年来の大雪とのこと、ふだんあまり雪に縁のない地方の方々にはさぞ驚かれたことと思う。とくに災害にあわれた方々にお見舞い申し上げたい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/02/15 23:33
雪に思う  先人の智恵
  この冬は(今のところ)小雪でずいぶんと生活しやすい。積雪は例年の半分以下である。除雪器具や道路わきの雪を流す流雪溝も、何か手持無沙汰といった風情さえも感じられる。ありがたい毎日である。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2014/02/13 19:03
冬の風物詩 角巻
  雪降りの日、母の角巻の中に入って、町の雁木を一緒に歩いた思い出がかすかにある。  すっぽりと角巻に包まれると、何とも言えない安心感があり、ほかほかと暖かかった。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2014/02/06 08:39
春は名のみの この 寒波
  春は名のみのこの寒さ___ なかなか強力だ。 「立春」の声を聞くこの頃、よくこういう寒波がやってくる。   気温が未明から昼前にかけて−5〜−6℃と冷え込んでいるが、当地では、降水現象(降雪中)下でのこれだけの低温は珍しい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/02/05 17:50
PM2.5  か?
  今日は、春霞でもないだろうに、終日なにか白っぽくぼーっとした空模様だった。視程は10〜15キロくらいだったろうか。   ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2014/02/03 19:06
今冬は今のところ 「 寒冬小雪 」 ?
    この冬は今のところ、積雪が少なく生活がらくである。今日現在の積雪は昨年の半分。しかし、どうも寒い感じがする。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/01/30 16:15
ネコヤナギ   一足早く 
 台所のテーブルのネコヤナギが急に大きくふくらんできた。 生け花の余りをコップにさしておいたものである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2014/01/18 23:56
雪ふりつむ
  このところ、よく雪が降る。音もなく 本当に しんしん と降る。 その様子を見ていると、三好達治 の「雪」を思い出す。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2014/01/13 10:01
雪の少ない正月
 謹賀新年___年始まわりと年賀状の処理がほぼ終わり、何かゆったりとした気分である。      去年の記録を見ると、昨冬の屋根の雪下ろしは、第1回はなんと12月11日、第2回は年明け早々の1月5日だった。                 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2014/01/04 11:35
弱い 里雪型の気圧配置
  豪雪地・新潟県中越地方の山沿いでは雪が止み、今日はよく晴れた。    アメダスによると群馬県境に近い地方ほど青空が広がり、新潟市を中心とした下越地方の沿岸部ではほぼ終日弱いにわか雨だったようだ。いわゆる「南西高北東低」の里雪型のパターンである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/12/30 23:48
焚火のにおい
  さすがにこの季節、雪が降ったりやんだりの毎日だ。運動不足が気になり、2日続けて市内堀之内地区の御嶽山に行ってきた。     ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/12/24 17:37
セイヨウフウチョウソウ
  公園の花壇でよく見かけるこの花をたんにフウチョウソウと思っていた。   この花の原種は、ふうちょうそう科クレオーメ属の1年草で、原産地は熱帯アメリカ西インドであり、日本には明治時代の初めにヨーロッパから渡来したらしい。その後観賞用に改良されてセイヨウフウチョウソウと呼ぶようになったということである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/11/28 12:43
2回目の雪となるか
 このところ、季節がらか寒冷前線を伴う低気圧が通過するたびに、南下してくる寒気がだんだんと勢力を増してきた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/11/26 21:38
アズキナシ 春秋
  いつも登る里山の頂上で一休みするちょうど目の前に、小さなアズキナシの木がある。   アズキナシ(小豆梨)の葉には規則正しくはっきりとした側脈が美しい。別名「ハカリノメ」と呼ばれるゆえんである。等間隔の側脈が物差しのようなイメージを与えるからだという説と、枝に点在する白い皮目を秤の目盛に見たてたという説がある。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/11/24 00:02
ノコンギク と 「野菊の墓」
 秋、散歩の道すがらふと夏目漱石が絶賛したともいわれる伊藤左千夫の小説『野菊の墓』を思い出すことがある。   『・・・可憐(かれん)で優しくてそうして品格もあった。厭味とか憎気とかいう所は爪の垢(あか)ほどもなかった。どう見ても野菊の風だった。・・・』 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/11/20 10:11
生り年の サワフタギ
 今年は、サワフタギの実が近年まれなほど多かったように思う。雨上りのしずくに輝くたくさんの瑠璃色の実がちょっとした宝石のように見えた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/11/17 11:58
奥只見 銀山平の秋
  10月の末、奥只見・銀山平ではすでに越後駒ヶ岳などに何回かの降雪があり、周囲の紅葉は最盛であった。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/11/07 00:03
やまなし
 先日ウォーキングに行っている里山の藤権現でヤマナシ(バラ科)が今年も熟してきました。早速一個食べてみました。果肉が薄くしかも酸味が強いですが、自然な甘味とナシ独特の食感がなかなか楽しめます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/08/22 22:40
シロバナコバギボウシ 
 久しぶりに少し涼しい風に誘われて、近くの里山の藤権現に行ってきました。  山頂では気温が26℃、吹き渡るさわやかな風が秋の近いことを感じさせるようでした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/08/18 19:20
全国星空継続観察
 環境省では、良好な光環境の創出と地球温暖化対策を目指して、光害の理解を深めるとともに、光害防止の推進を図っています。全国継続星空観察会もその一つです。  1週間ほど前、自分たちの住んでいる所では夜空がどれくらい星がよく見えるかという観察をしてみました。大気(空気)の汚れ具合と不要な?人工の光りがどれくらい多いのか、継続して調べていくとその度合いがよくわかるはずです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2007/08/17 23:51
さそり座の上に木星
 この頃、南の空やや低く横たわるさそり座のアンタレスの少し上に、木星が一際目立ちます。それは深夜なら他を圧倒する明るさ、黄金の色、そして黄道十二宮を堂々とまわる動きに、昔の人々が「王」の姿を重ね合わせたというのもうなずけます。まさに「ジュピター」という名がぴったりの感じがします。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/08/16 23:50
エゾゼミ
 先日、テレビで「17年ゼミ」の番組を見ました。あの不気味なまでの大量発生。光ケーブルもセミに傷められてインターネットも不通などとなると自然界の底知れぬ偉大さにただ驚くばかりです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/08/14 09:07
水生生物の調査
 昨日は近くの中学校の自然環境の学習活動に、ボランティアで参加させていただきました。校舎の前を流れる川で半日中学生と水の中の生き物を調べました。昨年は不思議なことに何も見つけることはできませんでしたが、今年はそこそこ観察することができました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/08/10 23:53
涼風をもたらす夕立
 南西の方から雲の底が暗くなった発達中の積乱雲がみるみる近づいてきて、うだるような暑さの中に、突然肌寒いくらいのものすごい風が吹いてきました。そうこうしているうちに大つぶの雨とスカッとするような雷鳴と稲光の襲来。  自記温度計の記録を見ると30分くらいの間に約10℃も急下降。これぞ夕立、といった天気の激しい変化でした。畑の野菜をはじめ、雷で窒素の生成が有効とも言われて田の稲の生育も夕立が多いとますます良くなることでしょう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/08/08 23:34
アブラゼミが多い夏
 この夏はとにかくアブラゼミが多いように思います。そこら中にセミのぬけがらが見られます。写真のヤマボウシの幹のわずか1メートルちょっとの範囲に3匹もとまっています。庭で草取りをしていると、風流をとうに越してもううるさくて暑苦しくてたまらない感じにさえなるくらいです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/08/05 22:53
奥只見湖でカヌー
 昨日今日と、魚沼市の「ふれあい夏の雪まつり」 奥只見湖カヌー体験 の手伝いに参加しました。  関東方面からの方がほとんどのようでしたが、、聳え立つ越後駒ケ岳、荒沢岳と万年雪を眺めながら大人も子どもも元気一杯、水しぶきと歓声をあげながら夏の日を楽しんでいました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/07/29 23:02
ブナ二次林の野鳥
 繁殖期を過ぎており、また日中という時間帯のせいか鳥はあまり確認できません。比較的変化の少ない地形、数十年前の原生林の伐採後に育ったブナの二次林が多くの面積を占めている(極相林に近い感じ)などの環境から、意外に鳥相が薄いのかもしれないと最近思うことがあります。今後も時々観察をしていきたいと思います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/07/24 22:02
ヤマユリの花
 伝説の里山・藤権現に、先日からは正面から突き上げる昔からの登山道で登っています。 頂上直下にあるヤマユリの花を観賞するためです。  今年も立派に咲きだしました。(7月23日)  ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/07/23 23:45
市民野鳥観察会
 今年の市民大学野鳥観察会は、雨も上がったさわやかな日曜日の朝、予定通り行われました。  鳥たちの停鳴期であることと梅雨もようの天気などからすると、まずまずの出現数だったのではないかと思います。これに銀山のカンバンである猛禽類が出れば最高だったのですが。今度来る時に期待しましょう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/07/22 23:04
新潟県中越沖地震
 今日の大地震はまたかとほんとうに驚きました。当地では「震度5弱」で、棚の物が少し動いた程度でほっとしましたが、被害の大きかった地域の方々のご心痛はたいへんなものだろうと思います。亡くなられた方々のご冥福をお祈りし、被災された皆さんには心よりお見舞いを申し上げます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/07/16 23:47
カワラヒワ ・・・ 梅雨晴れの公園で
 いつものウオーキングコースで、カワラヒワが200羽くらいの群れで賑やかです。よく見ると花がほぼ終わって熟してきたオオキンケイソウの種を食べに集まっているのでした。 この種の形からカワラヒワのくちばしの形が食べやすいのでしょう、嬉しそうにさかんに群れて飛び回っていました。   ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/07/15 23:12
カルガモの親子
 ウォーキングコース途中の橋から見下ろすいつものカルガモ一家です。親の体の8〜9割くらいに育った雛たちは、元気いっぱい魚野川の清流を流されまいと一団となって横切っています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/07/06 22:03
オカノトラノオ の花の向き
庭のオカノトラノオも7月に入って終わりそうです。聞くところによると、オカノトラノオの花の向きには法則性があるという人もあればないという人もあります。 そこで、里山でちょっと調べてきました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/07/04 23:02
安達太良山
 JR東日本の1日4000円乗り放題特別切符で昨日、福島の安達太良山に行ってきました。「登る」といってもゴンドラ利用ですから時間をつぶすのに困るくらいの のんびりトレッキングです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/07/02 23:01
自然界の食物連鎖
 つい先日、越後三山水無渓谷に行ってきました。名漠オツルミズの滝の下で、写真のようなカエルの仲間か何かのきれいな骨を見つけました。周囲の状況から鳥かイタチのようなものが食べたのでしょう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/29 22:59
カルガモのひな と自然の厳しさ
 今年も東京のビル街の池でカルガモのひながすくすくと育ち、10羽以上の子がもが親の後ろに行列をつくって道路を横切っているほほえましい映像がテレビで映っていました。  そのことを思い出しながら、ウオーキングコースの橋の上からいつものカルガモ親子を見ると、いつのまにか13羽いたカルガモの子がもが11葉に減っていました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/06/27 22:44
クリオオアブラムシ  にしては ?
 浅草山麓エコミュージアムのブナの幹でコロニー状に無数に群がっている小さな虫を見つけました。 何千もの小さなムシがびっしりとうごめいている様を見たら、いや想像しただけで卒倒する人もあるかも知れないほど見事な虫のコロニーでした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/06/19 21:35
宵の明星
夕方の西の空で金星がひときわ明るく輝いています。  三日月形のほっそりとした月(が顔を向けたところに?)のそばに金星が明るく輝いている光景はとても美しい眺めです。「二つの星がお話をしているよう」と言った人もいます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/18 22:23
浅草岳  山麓の昨日の大雷雨
   昨日の浅草岳山麓は雲が多いながら晴れていましたが、次第に上空に寒気が入ったようで昼頃には遠来が聞こえ出し、午後3時過ぎには大雷雨となりました。   一時は2センチくらいの(底の丸まった)円錐形のものと球状の雹で辺り一面真っ白。白い雹の玉が地面に跳ね返る様は、まるで妖精か何かが踊っているようで見飽きませんでした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/07 13:00
琉球朝顔と西洋朝顔 ・・・その後
連日の夏日ですが、生命力にあふれたあの琉球朝顔は、全株冬を越すことができませんでした。厚い積雪に覆われることと、落ち葉を布団よろしくたっぷりかけておいたことから、ほのかな期待感があったのですが、この地ではやはり無理でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/05 22:45
アカショウビン
 つい先日、福島県只見町の蒲生まで行ってきました。途中でいくつか寄って行きましたので、蒲生岳に登る時間はありませんでした。何年か前に登った時のことを思い出しながら、農道に腰を下ろして「会津のマッターホルン」を眺めていると、背後の只見川の対岸から「キョロロロロロ・・・・」と聞こえてきます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2007/06/04 19:14
万年雪と花咲く中荒沢  
 つい先日、友人と奥只見の荒沢岳の中荒沢に行ってきました。途中の渡渉地点では丸木橋がなく、万一に備えて登山靴やザックを手に持って渡りましたが、雪解け水の冷たさにはまいりました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/05/31 12:16
アマサギ
 サギのなかまは、ダイサギ、チュウサギ、コサギ、アオサギ、ゴイサギなどがこの辺ではよく見られますが、昨日は久しぶりにアマサギを間近で見ました。姿はサギでも頭、首、背中が橙黄色のため一目で識別できる夏鳥です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/05/29 22:16
五月晴れ続く
 気持ちのよい五月晴れが続いています。  わが家の庭の今朝の最低気温は10.4℃。最高気温は28.4℃でしたから、気温の日較差はなんと18℃になります。一日の中で春・夏・秋の三つの季節があるような気候です。いわゆる盆地性気候というものでしょうか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/05/23 23:30
ヒメスイバ
 絵に描いたような五月晴れに誘われて、夕方越後三山の展望台・小出公園に行ってきました。  あたりが新緑で目の覚めるようななっている芝生広場が異様に赤くなっています。何だろうと近づいてみると、花の盛りのヒメスイバの群落でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/05/21 23:39
琉球朝顔と西洋朝顔
 去年は、冬囲いのいらない「夢のような」生垣をつくろうと、宿根性のアサガオ(琉球朝顔)を栽培しました。結果は驚くような猛烈な生育力でびっしりとした生垣が出来上がりひとまず満足をしました。  しかし、肝心なことは毎年何もせずに春になれば芽を出してくれるかという点です。栃木県あたりまでは冬越しの成功例があるとのことです。 御伽噺のように今日か明日かと毎朝地面を見ていました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 0

2007/05/20 18:45
雲海
 一昨日会合で出かけた十日町市松代芝峠温泉のホテルからの眺めです。雲海の向こうには苗場山、ほかに越後三山、巻機・谷川連峰、北信五岳などの大パノラマが広がります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2007/05/19 11:43
クサソテツ
  クサソテツとはよく言ったものです。どことなくソテツに雰囲気が似ているような気がします。この瑞々しさ、この生命感・・・・・。あの小さな芽から2,3日でゆうに膝上くらいまで葉が広がります。1日にどれくらい伸びるか計ってみようと毎年思うのですが、いつも忘れてしまいます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/05/13 22:47
灯台下暗し
   今日はある植生調査の活動でたくさんの研修ができましたが、もっとも感動したのが サワオグルマの大群落です。しかも、それが自宅からわずか数キロの所ということで、まったく驚いてしまいました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/05/12 23:40
南国からの香り
 小笠原の知人から届いていた南国の果物パッション・フルーツの皮の感じが食べごろかと割ってみました。  歯ざわりなどはアケビの実に似ていますが、さすがに南国の果物、独特のつよい香りがあたりに広がります。去年は庭先になっているバナナ(やや小さい)のおすそ分けがありました。 東京都小笠原村___どんな所か一度訪れてみたいという思いにさせられます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/05/09 23:45
アオバズク
昨夜、市の中心部にある清水川辺神社の境内で、夏鳥のアオバズクの鳴き声を聞きました。  毎年時季になると聞きに行っていますが、近くの親戚の話では初鳴きは前夜5月4日とのことです。渡来は昨年より少し早いようです。今年こそはそのあの愛嬌のある顔かたちを見たいと思います。            ↓ http://www.mmjp.or.jp/WBSJ-Kyoto/birds/aobazuku.html ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 4

2007/05/06 20:35
自然環境モニタリング調査
 日本自然保護協会から、市民参加の自然環境モニタリング調査が始まるという連絡がきました。里山を代表とする、私達の暮らしに身近な地域の保全を目指して活動している人や、地域の自然とそこに暮らす生き物たちに興味のある人が、自分たちの手で地域の自然を調べ、その結果を使って、地域の自然を計画的に保全したりより一層深い興味と関心をもってもらおう、というものです。私もできる範囲で楽しみながら参加したいと思います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/04/30 07:26
左近の桃畑
 。  2,3日前の夕方、長岡の友人と信濃川の左近の桃畑を訪ねました。二分咲きくらいでこのゴールデウィークの後半ごろが見ごろかと言う話でした。写真は桃畑と反対側の太田川の様子ですが藪のやわらかい緑が何とも言えません。桃が満開になると河川敷一体でのどかな風景が楽しめることでしょう。  あの日、寒さに震えながら友人と飲み食いしていましたが、どうも風邪をひいたようで今日は38℃弱の熱。花粉症の薬のうちの抗生物質の残りを飲んだら楽になってきました。明日も天気が良さそうです。我慢ができるかどうか・・・... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/04/29 23:50
ニリンソウの大群落
     所属するクラブで魚沼市青島地区の福山という里山に植生調査に行ってきました。標高こそ低い山ですが地形がたいへん急峻のため、時々見失いそうになる踏み跡程度の道は、時折強まるにわか雨で滑りやすくてたいへんでした。  頂上を越えて沢筋の方に下りていくと、だんだんんと植物の種類が増えていき、80種近くを 記録しました。とくに、集落よりわずかに標高差数十メートル高いところの思わぬ所に、ニリンソウの大群落があるのには驚きました。  すぐに近くに魚野川が流れ、地形が非常に複雑なせいか、鳥相もか... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/04/28 23:57
今春のわが家の生物季節 ( その2 )
庭の消雪   3月23日 (昨年4月24日) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/04/27 23:50
今春のわが家の生物季節 ( その1 おもな植物 )
今年はとにかく季節の進みが早かったです。早すぎて、生物季節の初日を見逃したものも多くなりました。微気候、局地気候的な要素、土壌、樹齢等の条件から場所によってかなりのバラツキはあると思いますが、おおむね半月ほど早く季節がすい移しているような感じがします。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/04/25 11:33
長岡の菜の花畑
数日前、長岡の信濃川河川敷公園の菜の花畑にいく機会がありました。お昼は10人ほどで黄色の絨毯を眺めながらでしたが、空にはヒバリがさえずり桜とまた違った風情を楽しみました。菜の花というと長野の飯山市の菜の花公園が有名ですが、どうして、この菜の花畑もなかなかよいところです。   毎年秋には沢山の市民の手によって種まきがされるのだそうです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/04/23 23:34
坂戸山  春爛漫
 今日の坂戸山では、タムシバが尾根の北側に雪が降ったかと思うほどたくさん咲いていました。南側はすでに終わったのかとも思いましたが、標高を上げても北側はそれほど花が多くなったとは感じません。植生上の何か原因があるのでしょうか。      双眼鏡も持参しましたが、野鳥だけでなく遠くの木、花、蝶類の観察にも好都合でした。(順不同) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/04/22 23:50
アースデイ 
  明後日4月22日は、「アース・デイ」です。   できるところからみんなで地球の環境問題を考えようと、今から37年前アメリカで始まった運動だそうです。   私も詳しくはわかりませんので、このWEBサイト ↓ を見てみようと思います。                   http://210.150.197.171/2007/about.html ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/04/20 23:25
標高差と桜の開花日
 昨日17日は午後5時半に魚沼市民の憩いの場、小出公園にウォーキングを兼ねて花見の下見に行ってきました。(だいぶ日が長くなりました。)   たくさんのソメイヨシノがありますが、海抜150mより高いところではつぼみは紅色になってはいますがまったく咲いていません。わずかに下って海抜120m周辺では平均的には二分咲き、海抜110mの私の自宅周辺では三分咲きといった感じでした。 樹齢、風、局地的な気温差及び日較差、湿度、積雪の多少、等々様々な要素で一概に相関関係を推し量ることなどはとてもできないこと... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/04/18 21:03
浅葱
昔から春先の葉と鱗茎を食用にしてきたユリ科の多年草植物です。   私は、このまだ小さめの鱗茎が大きくないほっそりとしたものが、辛みがやわらかくてすきです。写真のものは数日前にとってきたもので、晩酌をさらにおいしくしてくれました。   ところで、このアサツキを10年ほど前山からとってきて庭のミズナラの木の下に植えておいたのですが、奇妙なことに、いつの間にか(植えたはずのない)ニラが生えており、アサツキはなくなっていました。まさかアサツキがニラに変身したわけでもないでしょうに・・・・・ちょっと不... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/04/16 23:50
山菜採りの下見
終日寒い風に時々雨も降る天気模様のため、里山にも出かけずに夕方山菜の下見に行ってきました。   やはり全体にまだ時期が早いようで、こごめ(こごみ = クサソテツの若芽)が少し採れました。帰宅すると6時を回っており、夕飯の一品には間に合いませんでした。ちなみに今日の日没は午後6時19分と新聞の暦欄に載っていました。4月も中旬、日脚がずいぶんのびてきています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/04/14 21:57
オオイヌノフグリ
 先日冬囲いをはずした庭木の根元の植木鉢に、真っ青な小さな花がたくさん咲いていました。オオイヌノフグリです。たしか、去年マツバボタンを植えていた鉢のはずですが、いつの間にか占領していました。この繁殖力、花びらのこの青さ・・・・みごとですね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/04/11 11:53
暖冬小雪の春
 今年の春の里山の風景はどうもすこしへんです。いつものように、谷すじに大量の雪が残っているように見えないのです。少雪で底雪崩がほとんどおきずに沢に雪がたまらなかったのかもしれません。  となると、今春の山の山菜はどうなるんでしょうね。一斉にパーッと出てそれで終わり、というようなことにでもなるんでしょうか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/04/11 07:55
生兵法
 アウトドアで出かけるときは、いつもインターネットで気象レーダーをチェックするようにしています。レーダーは10分おきに数キロメッシュで、雨雲の動きをほとんどリアルタイムで知らせてくれますから便利です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/04/10 22:33
大力山__ 生兵法の天気予測
   アウトドアで出かけるときは、いつもインターネットで気象レーダーをチェックするようにしています。レーダーは10分おきに数キロメッシュで、雨雲の動きをほとんどリアルタイムで知らせてくれますから便利です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/04/09 11:36
ショウジョウバカマ の 不定芽
昨日の日曜日、魚沼市上条地区の沢筋でショウジョウバカマがきれいに群生している所がありました。  よく見ると落ち葉の間からショウジョウバカマの葉の先に、小さな新しい葉が出ているのを見つけました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/04/09 11:14
冬囲いはずし
 異常に早い春の訪れに、もっと早くしても良かったのですが、2,3日前から作業を始めた冬囲いはずしも、今日すっかりその材料を格納して、これで我が家の庭も春の準備が整いました。  ソメイヨシノはまだ赤みは感じられませんが、つぼみがふくらんできました、。カワラヒワが鈴を振るように囀り、向こうの林ではアカゲラが元気に鳴く・・・・。のどかな春の一日でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/04/07 23:26
浅春守門岳
 友人に誘われて、長岡市の東山に行ってきました。 栃尾側に出ると、数日前に降った新雪で青空に光り輝く守門岳、粟ケ岳などの山並みがほんとうに見事でした。 春耕を待つ棚田(一面にアオミドロがあったので休耕田?)では、クロメダカが元気よく泳ぎまわっていました。こんな山の中で一体どのように冬を越したのでしょうか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/04/06 23:18
お彼岸
  だらだらと続いた雪も止んで、朝から久しぶりに青空が広がりました。   お彼岸の中日のこの日、いつものように実家の仏壇にお参りにいきました。 暑さ寒さも彼岸まで・・・とは言いますが、いくら暖冬でもこのまま一気に春、と言うわけには いかないのではないでしょうか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/03/21 22:16
暖冬のスキー場
  今日はあるグループの仲間が長岡市から6人来て小出公園を見たいというので、喜んで案内させていただきました。   「景色のいいところだねえ」という声に、どなたも同じことだと思いますが、やはり自分が生まれ育ったところをそんな風に言ってもらうのは嬉しいものですね。  記録的な暖冬のため、スキー場の部分も写真のような状態で静まり返っていました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/03/02 23:00

トップへ | みんなの「自然」ブログ

魚沼の里から 自然のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる