アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「アマチュア無線」のブログ記事

みんなの「アマチュア無線」ブログ

タイトル 日 時
最近、太陽で何が・・・・・??
最近、太陽で何が・・・・・??   このブログを見てくれている知人から、トップページ右下にある“Solar-Terrestrial Data” などという訳のわからないものは何かと訊かれた。   端的に言えば、短波による無線通信が、現在どの程度良好にできる可能性があるかを示すデーターだ。そのため世界中のアマチュア無線家は、このデーターにいつも関心を持っている。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/03/10 23:40
オーストラリアで最も大切な日、アンザック・デイ の記念局 VK100ANZAC
オーストラリアで最も大切な日、アンザック・デイ の記念局 VK100ANZAC   VK100ANZAC という少し変わったコールサインの無線局と交信した。先頭のVKの文字から、オーストラリアの何かの100周年の記念局だろうとWEBで調べてみた。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 16 / トラックバック 0 / コメント 1

2015/05/19 15:36
チャイコフスキー生誕175周年 記念局 R175PIT
チャイコフスキー生誕175周年 記念局 R175PIT   昨日、R175PIT というコールサインの無線局と交信した。   先頭のRからロシアの何かの175周年を記念した特別局だろうと思っていたら、ピョートル·チャイコフスキーの生誕175周年に捧げるための特別記念局だということだ。4月25日から5月7日まで運用されるというから、開局2日目の交信だった。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/04/27 09:02
ジュール・ベルヌ 『 十五少年漂流記 』 の島から ZL7E
ジュール・ベルヌ 『 十五少年漂流記 』 の島から ZL7E   残雪が50センチを切り、当地でも日増しに暖かくなり、サクラのつぼみも急に大きくなってきた。暖房のない我が無線室は冬は寒さで入るのが億劫だったが、最近はまた無線機に向かうことが少しずつ多くなってきた。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/04/15 18:19
地球の裏側の無線局と交信
地球の裏側の無線局と交信  南緯54度31分・・・・・南アメリカ大陸最南部、いや南極大陸以外では世界最南端のアマチュア無線局かもしれない。   日本からはるか約19,000キロ、アルゼンチンの首都ブエノスアイレスから南南西に約2200キロも離れたTolhuinという町のLU3XXという無線局と交信した。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/04/13 20:35
マルパッセダム決壊の教訓 メモリアル無線局 TM55BM
マルパッセダム決壊の教訓 メモリアル無線局 TM55BM   昨日フランスのTM55BMという無線局と交信、ちょっと変わったコールサインだったためWEBでチェックしてみた。 TM55BMは2014年11月22日〜12月6日の間マルパッセダム決壊メモリアル特別無線局ということだ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/11/26 23:45
思わぬ楽しみ___電離層の不思議
思わぬ楽しみ___電離層の不思議  ダメもとだと思いながら、呼びかけてみた。なんと1回でこちらの名前(コールサイン)を呼び返す大きな声が返ってきた。  通常では見通し距離しか通信ができない(極)超短波の50MHz帯の電波で、昨日10月27日に、6500キロ彼方のオーストラリア東岸ブリスベン(のVK4UH)と無線交信ができた。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/11/02 21:44
オーストラリア北西沖 スコットリーフ の VK6ISL
オーストラリア北西沖 スコットリーフ の VK6ISL  2,3日前、オーストラリア北西沖300kmのサンゴ礁の小さな島に遠征している無線局 VK6ISL と交信した。  スコットリーフのSandy Islet__海面すれすれのこの砂の小島では、南北約690m、東西110mでいくつかの岩のある砂の小島らしい。アオウミガメの産卵地の島の自然環境保護のため、輸送、滞在などに関しては厳しい条件が課される。そのため、この小島での無線運用は初めてとの事で、例によって世界中のアマチュア無線局が交信しようと我先にと呼んでいる。     悪天候また... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 2

2014/09/22 12:44
南極のボストーク基地 RI1ANC
南極のボストーク基地 RI1ANC  雑音の向こうからかすかに聞こえてくる信号に、世界中のアマチュア無線局がたくさん呼んでいる。コールサインがRから始まるのでロシアの局らしい。店の行列ではないが、真似をして何回か呼ぶと、こちらのコールサインを呼び返してきた。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/09/17 08:15
ニカラグアの国民的英雄の記念無線局 HT5T
ニカラグアの国民的英雄の記念無線局 HT5T    中米やカリブ海周辺は、日本からは無線の交信が難しい地帯と言われている。伝播上の特性もあるが、近くに無線人口の多いアメリカがあるため、そこをすり抜けてこちらの弱い電波が向こうに聞こえるのが難しいためだろう。   昨夜、この中米のニカラグアの無線局と交信できた。これまで未交信の所だったので嬉しかった、というよりはあっけなく交信できたので拍子抜けした。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/06/19 19:04
流れた アベス島 YW0A
流れた アベス島 YW0A  ゴールデンウィークが終わり あっと言う間に1か月以上がたった。  今年のゴールデンウィークは、多くのアマチュア無線家にとっては、がっかりしたものだった。    交信が非常に難しいカリブ海の「アベス島」(ベネズエラ領)という珍しい島からの、無線ペディション(遠征)「YW0A」のスケジュールが、延期になってしまったのだ。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/06/09 17:44
アマチュア無線 の コンテスト
アマチュア無線 の コンテスト   先日、無線でオーストラリアのVK3TDXスティーヴ・ローズと言う人と交信した。仕事をリタイアして現在はオーストラリアのメルボルンから西に150キロのエリミニという小さな町から電波を出しているらしい。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2014/05/28 17:01
1万5千キロの彼方の隣国 エクアドル
1万5千キロの彼方の隣国 エクアドル   数日前、雑音のかげから、誰か応答してほしいと繰り返す弱い信号HC5WCが聞こえてきた。呼びかけるとすぐに応答があった。南米エクアドルのマカスという町付近の無線局らしい。エクアドルとは13回目の交信だが、状態がよくないためごく短時間で交信を終えた。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

2014/05/01 17:15
「アフリカのスイス」 __ レソト王国 から 7P8AP
「アフリカのスイス」 __ レソト王国 から 7P8AP   「レソト王国」と聞いても、これまでほとんど知らなかった。昨日(25日)、レソトに遠征しているアマチュア無線の国際チームのリチャード(7P8AP)という人と交信した。久しぶりのアフリカとの交信ということで、気をよくしてネットでいろいろと調べてみた。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

2014/04/26 19:46
アマチュア無線の楽しみ方
アマチュア無線の楽しみ方  世界中のアマチュア無線家には、運用面だけでも様々な楽しみ方の人がいるようだ。 自動車から国内外の仲間と交信したりするのはごく普通のことである。ヨットや飛行機などから交信したるすることもそれほど珍しいことではない。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/04/20 19:22
ブルガリアの珍しい無線局 LZ1808SNS
ブルガリアの珍しい無線局 LZ1808SNS  アマチュア無線で使う電波も、その特性から世界中に伝播していく。そのため、国際電気通信連合(ITU)が無線通信規則のなかで、国別に無線局のコールサイン(呼び出し符号)の一定の規則を割り振っている。各国はこの規則のもとに、国内事情に応して個々の符号を発給している。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/04/12 09:06
久しぶりの グアム島との交信
久しぶりの グアム島との交信  久しぶりに名残雪の降る昨日(5日)の朝、太平洋マリアナ諸島のグアム島の無線局が強く入感していた。     ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/04/06 12:58
南太平洋で最も美しい島 ライババエ島 TX6G
南太平洋で最も美しい島 ライババエ島 TX6G   昨日、オーストラリア東岸から東へ約5000キロのオーストラル諸島のライババエ島という小さな島と無線で交信した。イギリス人の無線局6、7人のチームが10日間の日程で遠征( TX6G )している。その最終日の前日の昨日4月1日に間に合った。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/04/02 11:21
パラリンピック競技大会
パラリンピック競技大会   ソチ・パラリンピック競技大会での日本人の選手の活躍に、テレビ画面を通して感動が続いている。  アルペンスキー男子滑降では、 座位の狩野亮選手(マルハン)が金メダルを受賞した。座位での体重移動とアウトリガー(両腕に付けた補助スキー)の操作で、猛烈なスピードで旗門をくぐり抜ける映像は何度見ても胸躍る思いがする。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/03/10 16:46
いよいよ終盤 第22回オリンピック冬季競技大会
いよいよ終盤 第22回オリンピック冬季競技大会   2月6日(木)から23日(日)の日程で「第22回オリンピック冬季競技大会」、パラリンピックは3月7日(金)から16日(日)の日程で、ロシア連邦のソチで開催され、あるいは予定されている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2014/02/20 13:02
久しぶりに太陽黒点数が急上昇中!
久しぶりに太陽黒点数が急上昇中!   宇宙天気情報センターの太陽黒点情報によると、2 月1日から上昇を始めた太陽黒点数(サンスポットナンバー)だったが、2月4日の「183」から翌日の2月5日には「234」へ急上昇した。今日9日現在まで230〜240前後が続いている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/02/09 11:58
JICA シニア海外ボランティア
JICA  シニア海外ボランティア  JICA(JICA 独立行政法人国際協力機構)のなかで海外青年協力隊の活躍はよく知られているが、シニア海外ボランティア(40〜69歳)として、世界各地で活躍している日本人も多いと聞く。    ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/02/08 16:45
南インド洋 絶海の孤島 FT5ZM
南インド洋 絶海の孤島 FT5ZM    アムステルダム島__南インド洋の南緯37度50分、アフリカとオーストラリア大陸のほぼ中間に位置する小さな島である。       1522年、スペイン人に発見されたが、1633年オランダ人がニューアムステルダム島と命名。その5年後、フランスのサン=タレクシイ号が、当時無人だったこの島を、ルイ13 世の名において「占有」したことからフランス領となったという。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

2014/02/01 19:57
ロシアの女性アマチュア無線家 RU0SYL
ロシアの女性アマチュア無線家 RU0SYL    ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/01/28 18:08
ニューカレドニア
ニューカレドニア  このところ電波の飛び方を左右する電離層の状態がいいのか、方々と交信できるのでちょっといそがしい。ニューカレドニア島とは4回目の交信ができた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/01/23 10:02
馬に乗ったハム LU5FC
馬に乗ったハム LU5FC   南米アルゼンチンのロサリオ市の無線局と交信した。   名前はジーサス(と聞こえる)と言い、10年前に初めて交信してから今日で3回目。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2014/01/20 21:47
過信  盲信? MFJ-9317K
過信  盲信? MFJ-9317K   登山で持っていく超軽量・小型の無線機を作っている。円高の折にアメリカのメーカーからキットを取り寄せておいたものだ。  部品の過不足もなく、ていねいな説明書にしたがって、半田付けと組み立て作業を難なく完了した。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/01/19 12:34
ZM90DX あくなき少年たちの探究心から
ZM90DX あくなき少年たちの探究心から  今日は電離層の状態がまずまずだったのか、短時間にいろいろの所と交信できた。   その一つは南半球のニュージーランドである。ニュージーランドにおける“最初の長距離無線交信(DX)”から今年で90周年という。その道を切り拓いた偉大な先駆者を祝って、2013年10月から1年間、特別のアマチュ無線局「ZM90DX」が運用されている。         ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/01/07 18:52
マデイラ諸島のポルト・サント島
マデイラ諸島のポルト・サント島   昨日は、北大西洋上のポルトガル領マデイラ諸島諸島のポルト・サント島という小さな島の無線局CT3FTと交信した。   年間平均気温が20℃前後という温暖な気候、青い海と輝く太陽、年中咲き乱れるカラフルな花やフルーツ等、南国情緒溢れるマデイラ島は、別名「大西洋の真珠」と呼ばれている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/12/22 10:22
ブルネイのアマチュア無線局 V85TL
ブルネイのアマチュア無線局 V85TL   V85TLというコールサインの無線局と、煙草の箱大の手作りの小さな無線機で交信した。   彼はブルネイの(ボルネオ島の北西部の南シナ海に面した)バガワンという所に住んでいる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/12/20 22:45
旧ソ連の英雄 エルンストT.クレンケル
旧ソ連の英雄 エルンストT.クレンケル  今日は、RC110RAEMという変わったコールサインの無線局と交信した。 旧ソ連の英雄・エルンストT.クレンケル(1903_1971)という人の、生誕110年を記念する特別アマチュア無線局である。   ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/12/12 23:56
コタツの中で 南国と無線交信
コタツの中で 南国と無線交信  ベトナム(社会主義共和国)までは当地から約4000km。短波における無線通信としてははそれほど遠い所ではない。むしろ近いうちに入るかもしれない。また、それほど珍しい所でもない。   ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/12/08 12:58
南の小島 リセナン島
南の小島 リセナン島   南の小島・・・・・なんとなく心がひかれる言葉だ。   南太平洋にはそれこそ無数の島々が存在するが、今日はそんな島でもとりわけ小さい島、Lissenung Islandの無線局と交信した。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/12/02 16:23
世界時間と あいさつの使い分け
世界時間と あいさつの使い分け 今日はそれほど電離層の状態が良くないものの、短時間のうちに方々の無線局と交信できた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/11/29 00:02
小さな小さな再生可能エネルギーで
小さな小さな再生可能エネルギーで   太陽光で蓄電した単三型電池6本を電源とした手の平サイズの無線機で 、中部太平洋のウエーク島の無線局と交信した。  珍しい島といえども、さすがに2週間近く連日連夜世界中と交信していると、もう呼ぶ人も少なくなってきたのだろう。     ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/11/14 13:56
中部太平洋の環礁 ウエーク島
中部太平洋の環礁 ウエーク島  数年ぶりに、東京から南東に約3200km、太平洋上のウエーク島のアマチュア無線局と交信した。   水没した死火山の縁に発達したサンゴ礁で出来たわずか2〜3キロの小さな環礁である。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/11/09 12:45
アマチュア無線の講習会
 この携帯電話の時代にアマチュア無線など意味があるのか、というような質問を何人かの方からいただきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 3

2007/08/23 18:29
ウォリス・フツナ環礁と交信
ウォリス・フツナ環礁と交信  今日はFW0YL というコールサインの女性アマチュア無縁家Janさんと交信しました。アメリカのコロラド州エルパソに住むアメリカ人で、パートナー(夫?)とヨットで世界中を回りながら珍しい所から世界中と交信して楽しんでいるようです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/08/02 23:45
タンザニアのアマチュア無線家 マイク
タンザニアのアマチュア無線家 マイク というドイツ人と交信しました。アフリカ大陸と言うと日本からはかなり距離が遠いのですが、比較的安定して通信ができました。詳しくはホームページを、ということで彼のサイトを見てみました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/07/08 23:50
5年かかった返信
5年かかった返信  マーケットリーフという孤島の無線局と交信をしたのは5年前。昨日ようやくその返信が届きました。珍しい所だから交信できた証明になるものを手にすることができてホッとしました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/02 23:35
スカボローリーフ
スカボローリーフ  世界中のいろいろの所と交信をして手紙のやり取りをしたいというのが、アマチュア無線の一つの楽しみです。現在もっとも世界中で珍しがられている所、1位北朝鮮 2位南シナ海の岩礁・スカボローリーフです。数日前からそのスカボローリーフから遠征チームが電波を発射しています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/05/01 10:40
坂戸山
坂戸山  気象レーダーから天気はもつかと思い、南魚沼市の坂戸山に出かけました。  大賑わいで3人の方からは話しかけられましたが、その一人の方の話にびっくりしました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/04/22 23:37
1000キロの彼方から
1000キロの彼方から   気になっていた、中越地震の震源地の近くの二子山という里山に行ってきました。中部北陸自然歩道にある山ですが、地震の傷跡はほとんどそのままです。至るところに幅1メートルくらいの地割れがあり、あっちに飛んだりこっちに渡ったりで、しまいには登山道さえもわからなくなるほどの無残な有様です。ただ、地割れの縁にショウジョウバカマやカタクリが、何事もなかったように今を盛りと咲き誇っている様子になぜかほっとしました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/04/15 23:55
南太平洋の小島
南太平洋の小島  今日はアマチュア無線で、南太平洋のアメリカ領サモアで最も北西にある環礁の、スウェイン島という小さな島と交信できました。   人口は37人の小さな島ですから普段は無線局などはありません。こういう珍しい所から電波を発信して世界中と交信しようと、6カ国のアマチュア無線家による遠征チームが現在24時間体制で運用しています。たいへん珍しい所ということで世界中の人が呼ぶので、それこそ蜂の巣をつついたような大混信になっています。今日はとてもよく聞こえていたので、駄目元でコールすると何と1回で応答があってび... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/04/08 23:04
小さな島の大きな意味
小さな島の大きな意味  南シナ海の南沙諸島にスプラトリーという小さな島があります。島と言っても写真のように、まるで滑走路があるだけといった感じの環礁の島です。今日はこの島の無線局と交信しました。  インターネットで調べるといろいろな情報が出てきます。小さな岩礁程度の「島」(?)でも、200カイリや領有権の問題からたいへんな意味が出てくるのでしょうね。  各国とも、コンクリート護岸、灯台、国旗掲揚等、見張り所、飛行場などを構築するなどして、文字通り一生(所!)懸命です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/03/13 23:28
省エネルギーで
省エネルギーで   ニュージーランドの北西約500kmにあるノーフォーク島という小さな島と無線で交信をしました。     この島とはこれまで何回も交信したことがありますが、今日はちょっと特別でした。それは、手のひらサイズの小さな手作りの無線機による交信だったからです。自分が作った無線機で、しかも電源は普通の電灯線ではなく、単三電池による弱〜い電波によるものだったからちょっと感動をしたのです。早速手紙を送りましたので返事が届くのが楽しみです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/02/26 22:18

トップへ | みんなの「アマチュア無線」ブログ

魚沼の里から アマチュア無線のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる